フェルメール『レースを編む女』の模写(4)

【4.下塗り完成】

まだ単色のみの着色ですが、下塗り終了とします。

フェルメール『レースを編む女』模写の過程(4)

フェルメール『レースを編む女』模写の過程(4)

フェルメールの凄さが、実際に描いてみてさらに強く実感します。

下塗りの段階なのに、実は指先と顔の表情は何度も修正を繰り返しました。

穏やかな優しい顔立ちながら、静かに集中する緊張感の表現は、とても簡単にマネの出来るものではないことを思い知らされます。

最初に写した鉛筆の跡は、すっかり見えなくなってしまいました。

フェルメールは、左から光が差し込む構図が多いのですが、「レースを編む女」は右側から光の差し込んでいて、この絵の特徴になっています。

下塗りは完成として、次回から着色に入っていきます。

続きも見てね!

前に戻る